消費者金融の金利ですが、おそらくどんな消費者金融でも同じようなものでしょう。これは業界で談合しているからでは決してなくて、消費者金融の金利の上限というものが法律で決まっているためです。あくまでも決まっているのは上限金利であって、企業努力によりそれ以下の金利をつけることは全く自由ではあるのですが、実際のところは上限付近に貼りついている場合が多いということです。
さて、実際の消費者金融の金利ですが、借入額によって上限が決まっています。10万円未満は年間20%まで、10万円以上100万円未満は18%まで、そして100万円以上は15%までとなっています。これを超える金利は違法です。なお、これは名目にかかわりません。金利という名目でなくても、手数料、諸費用、事務手続代行料などなど、どんな名目であっても借りた人からこの金利で計算された額を超えるお金を取ればそれは違法になります。
そして、そのような違法な金利をつけた場合、いわゆる闇金と言われる存在がそうですが、そのような場合、借りた人は法律上は一切お金を返す必要がありません。これは法律上の上限を超えた利息分は払わなくてよいという意味ではありません。法律上の上限を超えた利息分だけでなく、法律上の上限までの利息分も含めて払わなくてもよいという意味でもありません。そうではなくて、借りたお金そのものも一切返す必要がないということに法律上はなっているのです。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら